machibari

主に、なんか。

C攻撃斜めで弱が出る仕様の仕組みがわかったのでメモ

正直だからなんやねん感半端ない

 

C攻撃の場合、スティックを倒すと

「最低限のLスティック左右上下入力(数F)+Aの入力」

をしてるっぽいんですが

斜め上の場合はその微弱な移動の設定がなぜか存在していなくて、

Aの入力だけ出るっぽいです。(Aを押しっぱでスティックを倒すとわかりやすい)

 

括弧内をC必殺で応用したのが微動術です。

第15回スマバト4U オフレポ

5時ごろ起きるつもりがなんとスマホがマナーモードになっているという痛恨のミスで7時起床

とはいえいつもの僕だったら昼に起きてたと思うので「運いいなー今日なんかいいことありそう」って考えながら

スタッフ窓に「すいません遅刻します」って打ち込んでました。

 

京橋でしゃちさんと合流。こっちが見つけて声をかけたら笑いながら「マジでか」って言われました。

Twitter見てたら学研都市線が遅れてるとかでナゥさんがタクシー乗ってるとか聞いて「マジか」って思いました。

 

住道駅からスマバト会場までの間でVolpeくんと合流。しょうもない会話してコンビニ寄って馬鹿笑いしながら会場入り。

Juddyさんが作ってくれた予選のまとめみたいなので僕の名前が「Kaji Yamabuki」になっててちょっと笑った。GaijiでもYoshiharuでもなくKajiは予想外。

 

さて時間も経って予選。みんなフォックスあててます

ベン(ドンキー)2-1 o

こわかった。投げた後上スマつながるんですね。

ビビりまくってバーストが難しくてちょっとストック奪われたのがつらかった

ちなみに本調子じゃなかったらしく、ウォーミングアップがすんだあとにフリーしたらコテンパンにされました。

本調子だったらこのブロックすべてが終わってたレベルで。

 

まゆめろ(ゼロサム)2-0 o

前398さんのゼロサムにアホみたいな負けかた(復帰台降りてきて掴みスカッたゼロサムに上スマして反撃確定上Bで死亡)したので反省してくそまじめに立ち回りました。よっしゃよっしゃって感じです。

 

ランペル(マリオ)2-1 o

今日のやったぜ。

最高に普通に立ち回ったらまあそうなるって勝ち方できて嬉しかった。

 

あとりえ(ロゼッタ)1-2 x

まあ負けるよねーって負け方しました。1スト奪えたのもなんか横スマでて当たっただけなので実質2-0です

復帰の展開に持ち込まれやすいので気を付けたい

 

尚(カービィ)0-2

カービィ勝てないです。知らないことだらけでつらかった。

 

というわけで結果は4位でした。悲しみの男。

 

Bまでの間はフリーとか手伝いとかしてました。

海外製のWiiUを一生占領して外国の人とか知らない人といっぱい対戦できてとても楽しかった。

海外製WiiUだとフォックスの声が海外版なんで上位プレイヤーの気分になれますね。

 

さてBクラス。1ブロックです。

第15回スマバトBクラス1ブロック - Challonge

1回戦:かでめわ(カービィ)2-1 フォックスx ネスo ネスo

最初フォックス当てて一瞬で死んでぶっ殺されてめっちゃつらかったのでポケットからネスを取り出してgrabとup-airとback-air擦りました。こいつの空後強すぎる。

 

2回戦:わっくす(ピーチ)2-0 フォックスx フォックスx

差し込みのDAがめちゃくちゃ甘くてガードしてるところに突っ込んだりが多かったのとgrabを完全に忘れていました。

それのせいで揺さぶりかけれないでガーキャン上スマを喰らいまくって敗北

問題はそのことに気が付いたのが2戦目の残り1ストでバーストする直前だったのがつらかったです。

 

というわけでスマバト4Uはここで終わりました。お疲れ様です。でもこれまでで一番いい感じだったと思います。たぶんね。たぶん。

 

その後はじむさんとフリーしてリュカつよすぎわろたってなったりした。

あとサブイベで一瞬だけ実況席で実況したんですけども、これがなかなか難しい。結構自分適当なこと口走ってしまって「さあこの後続く言葉が思い浮かばないぞ!」ってなって困った。9Bさんは偉大。でも楽しかったです。

 

そして人もまばらになってきたところでVolpeくんとアイテムありプリンミラーしたりクラウドミラーしたりしてエンジョイして帰りました。

 

帰り道に出町柳近くの駐輪場のところにラーメン屋の屋台が来ててすごくおいしかった。また行きたい。

 

とりあえず今回のスマバトの結果はあんまりよかったとは言えなかったけども悪いところ分かったって点ではかなり良かったんじゃないかなーと思います。

これを治して圧倒的成長を遂げたいですね。

 

あと真壁瑞希さん誕生日おめでとうございます。

スマバト前日だったので絵とか描けなかったのでここに書かせていただきます。

今年もよろしくお願いします。

GCコンについて適当に。

アドベントカレンダー一切関係ない記事です。

 

スマブラする上である程度必須となってくるのがGCコン。

これの個体差や時期による性能の違いはいろんな人が言ってきましたが、正直今現段階ですごくスマブラWiiUに操作精度が求められるキャラクターなんて数えるくらいしかいないのであんま気にしなくても大丈夫だと思います。

気になるようなことが増えてきたら別の時期のコントローラーをオフの知り合いに少し借りるか買ってくるかして試してみるのが一番いいと思います。

 

現段階で最も流通していると思われるコントローラーは

スマブラコントローラーブラック/ホワイト

・白いGCコン

の二つだと思うんですけども、この二つで買うとしたら後者のほうが「悪い個体」が少なかったです。

スマブラコンはアタリを引けばいいんですが、コントローラーのスティックを動かすと異音がする個体もありました。

とりあえず今から買うんだったら白でいいんじゃないかなーと思います。

 

そして、これはどちらにも共通するのですが、旧GCコンのLRの金具が白以降は撤廃されています。

 

これについては単純なコストダウンだろうなーと思ってるんですけども、なくなったせいでLRにブレが生じてひっかかりが生まれることが多いです。

 

じゃあどうすりゃええねんって言いますと、ハードオフ行ってジャンクコントローラーバラしてLRだけ換装すればいいです。入手がめんどくさいドライバーが必要ですが、それと+ドライバーだけでできるので予算でいうなら2000くらいあったら少しおつりがくる程度だと思います。

GCコンは中期以前だったら確定、後期だったらまちまちの確率で白コンやスマブラコンとは違うタイプの少し硬いバネが入っていることもあるので、そこらへんも触ってみて好きに付け替えしてください。

生産時期の見分け方は、ゲームキューブロゴの下の「Made in ~」の下に

何もなければ初期

「CE」ロゴがあれば中期

「CE」ロゴから少し離れたところに「・」があれば後期

と見分けることができます。

 

僕からは以上です。

GCコンのLスティックシリコン外しのメリットとデメリット

まずシリコン外しってなんなのか、というと、

GCコンLスティック上部のシリコンをカッターとか使って外すことです。

要はプラスチックをむき出しにさせることです。

 

やり方は上にもある通りにカッターを使ってめくるやり方です。

ハードオフなどで使い込まれたGCコンを使うと外しやすい場合があります。

 

メリット

・スティックの高さが下がり、TANIステがしやすくなる。

・スティックが軽くなり(物理)、TANIステ後のダッシュ暴発が出にくくなる。

・シリコンのすり減りなどで中古コントローラーの操作感の違和感を感じることがなくなる(分解ドライバーを持っている前提)

 

デメリット

・スティックが薄くなり、手が痛くなったり手垢が溜まりやすくなる

・スティックが重くなる(操作感)

・まずLスティックがシリコンを外す想定をした構造ではないので、ミスをしやすく、さらにミスをしたときの金銭リスクが高い

 

僕からは以上です

今日の低知能クソブログ:スマブラをする上で調子を左右するものについて

本来こっちを先に書くべきだったのかもしれないけど、気にしない…

 

前回述べた通り、スマブラをする上で調子を左右するものというのは

心理的なもの

・身体的なもの

・周囲の環境

などがあります。

などって言ってますけども僕は正直この三つが大きいと思っています。そのほかは知りません。

 

まず1つめの心理的なものについてです。

スマブラ心理的なものというのは緊張が一番不利に陥れるものでもありますが、対して慢心なども不利に陥れるものでもあります。

思うに「余裕はあるけど余裕ではない」くらいがちょうどいいと思っています。

思ってるだけです。

 

2つめの身体的なものは、前回述べた通りの疲労の他、食生活や普段の生活サイクルもかかわってくると思っています。

めっちゃお腹すいてるときに動きが乱れたり、睡眠不足でありえないミスをしたりなどはかなり多いと思います。

要は僕が言いたいのは、夜遅くまでスマブラするよりかは辞めるときにきちんと辞めてぱっぱと寝るのが大切ってことだけです

 

3つめ、周囲の環境は、騒音やモニターからの距離、ゲーム音や周囲でしゃべってる人がいたりとかそういうのです。

僕も予選でわりかしいい感じの動きができてるなーと思ったら隣の台で急に叫ぶ人がいてビビッてバーストしたりしたので、たぶん周囲環境はかなり大事だと思います。

ただ、大体の場合これは普段と同じ環境を再現可能です。スプリッター使ってイヤホンつけたりとか。

 

僕からは以上です。

今日の低知能クソブログ:スマブラに対する睡眠について。

個人的には睡眠はほぼ死んでるみたいなもんであんまり好きじゃなかったんですが、見直さないといけないと思うところがあったので。

 

まず、スマブラをする上で調子を左右するものについて書くと、

心理的なもの

・身体的なもの

・周囲の環境

などがあります。

眠い時はだいたい上記の「身体的なもの」の「身体」が疲労しているときなので、

眠い時は寝ましょう。

それかレッドブルモンスターエナジーを飲みましょう。

僕からは以上です。

 

君の膵臓を食べたい 感想

マイベストフレンドであり、マイバッドフレンドでもある本が好きなマイフレンドから借りました。

 

この本は最後の最後まで主人公の名前が語られなくて、【仲のいいクラスメイト】だのなんだので表現されます。

それいいなーってめちゃくちゃ思いました。案外不自然に思うこともなく、主人公には文章がこう伝わってるんだなーってのもよくわかって面白かった。

 

ネタバレ

開幕死んだところから入ったのがすっごく改めて考えるとナイス。「いつか終わりくるんやろなぁ」って意識ができるし後で「膵臓の病気やで~」みたいなこと言うから「まあどうせ死因は膵臓やろw」ってなる。ならなかったー!だまされた

最初は人間味が無くて機械的だった主人公がヒロインと会話を交わすたびにどんどん感情が芽生えていくのがとても良かった。

後半の「僕は君になりたかった」みたいなところもめちゃくちゃグッときた。

中盤~後半にいくたびに定期的に変化していく【】の中の単語が面白かったし、後で主人公の「自分の名前がどういう感情で呼ばれてるかを考えている」みたいなのも読んでなるほどなぁと思った。

 

最後にヒロインが退院直後に刺される通り魔に刺されるシーンで体がいっきに強張った。

人間に約束された明日ってものはこの世界には保証されていなくて、なるほど、もっと人を大事にしようと思った。

僕も最近自殺をしようか考えている友達がいて、もちろんその友達とは今でもよく遊んだりするんだけど、やっぱいつ死んでもおかしくない。

君の名はみたときも思ったんだけど、やっぱり人生は死と隣り合わせだ…いつ、誰が死んでもおかしくない。僕も。

 一日たりともおざなりにしない、ってことはできないけど、うーん。

 

 

全体的に死ぬほどテンポが良くて1Fで読めた。

検索かけたらある作家意識したみたいな文章だのなんだのらしいですね…また買って読み直します。