machibari

主に、なんか。

最近面白いゲームを見つけたので、布教したい。

「お前それ、ミリシタだろ?」って開いた人もいると思いますが、そもそもこの世に生を受けた人間すべてがダウンロードしていると思うので、布教する必要はないかな、と思い、別のゲームを布教します。

 

タイトルは「Your Life Simulator」iOSAndroidのストアでダウンロード可能です。

このゲームは別にオープンワールドでもなく、かといって銃を持って戦うわけでもない。争うこともなければ、かわいいキャラクターをひたすら愛でるわけでもない。パズルもリズムもないそんなゲームです。

主人公、というかこのゲームで唯一生きている姿を見ることができるのは、紙袋を被った「anonymous」(これは標準名であり、自由に名前を変えることができる)というキャラクター。

こいつが現実の時間にリンクして動きます。

そしてこいつができることは、

・食事

・画像掲示板

・ゲーム

・仕事

・寝る

と、大まかに分類すればこの程度で、扉を開けて外に出ることもない。寝て食ってパソコン触る引きこもり人間。

じゃあこんなことしかできないキャラで一体何をするんだ?ってなるんですが、

こいつはただ「生きる」だけです。

このゲームには「元気」「落ち着き」「食欲」の三つのゲージがあり、このゲージが書けると「死にます」

これらのゲージは立ってるだけでもちょっとずつ減って、上記の行動をなんかしてるときには大体の場合2本上がって1本下がっていきます。

さらに、仕事すると全部がすごい勢いで減ります。お金は増えます。

適度に死なさないために、仕事をしてお金を稼がせて、カップラーメンであったり、たまに寿司やピザを上げたりして。で、疲れてきたな、と思ったら画像掲示板を触らせて寝かせる。

んでお金がたまったら抱き枕が買えたりする。

これが楽しい。ペットの飼育に近いのかもしれない。かといって忠実な犬であったり、癒しの猫であったりではないのですが、こいつがスマホの中で「なんか死なない程度に生きてくれてる」ってのがすごく楽しい。

ふと「あっ、仕事させたままだった」って気が付いて起動して、かなり疲れてて「あぁっごめんよ」ってなって寿司頼んで食わせて寝かせて。

何か文句を言うわけでもなく、何かを伝えるわけでもなく、かといって感謝の一言も言ってこないような滅茶滅茶なやつなんですが、こいつが生きてると、不思議と「ああ、生きてあげようかな」って気持ちになります。

「癒しが欲しいが、犬が欲しいわけでもない。猫が欲しいわけでもないし、そもそもそこまでお金が無い。だが奇跡的にスマートフォンがあった」という方はちょっと入れてみてはいかがでしょうか。