machibari

脳髄の思うままに。

自分を快適にするにはどの程度端末を持っておけばいいのか?

(試験的に、改行毎にスペース入れるのをやってみました。文章がかなり読みにくい可能性があります。)

 

 父が非常に電子を崇拝する人間だった(いわゆるオタク)だったお陰で、僕の脳のヒダの一部は電子からなっている

わけではないのだが、知識としてはしわ一個分くらいはあるんじゃないかとは思う。何を隠そう僕もかなり電子を崇拝している。

 そのせいで、端末が増えに増え、多分二度と息を吹き返すこともないであろう端末が引き出しの中で眠っている。

 正直、ちょっとかわいそう。彼らのような端末を増やさないためにも、自分は端末に何を求めていて、それを実現するためには最低限何が必要なのか、というのをきっちりと考えようと思う。

 ちょうどちょっと前に端末断ちしたし、いい機会ではある。

 

 この間の経験から察するに、僕は

・過剰に感情の乗らない、電子的なメモ

・活字を手軽に読めるような端末

・音楽を再生できる端末

Twitterができる

を内包しているものを求めているような気がする。

 正直、これだけだとiPhoneでおしまいなのだ。だがしかし、iPhoneには電池というものが存在していて、「それが無いと死んでしまう。」というところまで僕はiPhoneに頼りたくない。

 かさばる、という点を除けばノートパソコンを持ち歩けばいいのだが、僕は手も体も大きくないし、なによりひょろひょろっとしているのでそんなものを毎度持ち歩いていたら体力が持たない。

 そのほかにもいろいろ理由はあるものの、やはり物事は分担するのが一番だ。さらにたくさんあったら楽しいので、「すくなく、でもたくさん」ぐらいに考えよう。

 

 まず「電子的なメモ」。これは普通にiPhoneでも困らないだろう。Google Keepとか使えば仮にiPhoneを失うことがあってもなんとか情報を共有することができるだろうし、なんならTwitterで自分にDMしてしまってもいい。

 次に「活字を手軽に読めるような端末」。思うにタブレットもしくはKindleとかの電子書籍もいいと思う。

 さりとて、タブレットはでかけりゃいいってもんではない。12インチタブレットを少し前に購入したものの、どーーーにもでかすぎる。

 昔、まともに動く端末が無かった時に仕方なく12インチのでっかいタブレットで宅オフに行ってTwitterのタイムラインを見ていたら、すっぽんぽんの女の子の画像が流れてきて、人に見られたことがあった。

 そんなもの自分だけ見えてりゃいいのだ。個人的には8インチが一番「ちょうどいい」と思います。

 

 その次に「音楽を再生できる端末」。WalkmanのSDカード挿せるやつ。おわり。

 さらに「Twitterができる」。もうとりあえずこれは端末だったらいいので、これは特になしで。

 

 考え抜いた結果、僕が本当に必要な端末は

iPhone

タブレット

Walkman

となった。

 タブレットAndroidにするか、逆にiPhoneを別のAndroid端末にしてしまうか、というのについても考えようと思ったけど、めんどくさいので。

 単純に、こんな話読んでてもさほど面白くないからね。

 あと「~だ」「~である」になったり「~です」「~ます」になったりする、一貫性の無さが出てきてしまったので…ふー…