サイド・ロード

いつでも戻れるようにパンを撒いてゴー

HNを考える。

 現在の僕のハンドルネームは「山吹 凱治」というものだ。いちおう、この名前の下半分(「名」の部分)は本来は「よしはる」と読む。しかし、そもそもの由来は誤読である「がいじ」なのである。

 「がいじ」の意味を知っている人はなんで僕がこんな名前にしているかわからないと思うのだが、単純に「名前が「バカ」とか「アホ」みたいなことだったらおもろそう」なんて理由である。この「がいじ」に身障者を馬鹿にする意味はないのでそこだけはご理解いただきたい。

 しかし、案外下の名前で僕を呼ぶ人は少ない。オフで会った人でもほんの一部以外は「山吹」である。(別に呼んでほしいわけではない。)これはなぜか。

 単純である。なんて読めばいいのかわからんのだ。テレビで林修先生が言っていたのだが、名前というものは固有名詞でなくてはならない。しかし「がいじ」というのは人間の属するグループ(?)であって、それは名前であってはならないのである。

 そんなわけだから、ただ恥を晒し続ける下半分について、僕はなんども改変案を考えたのだが、しかし、僕がこの「凱治」という「二重にも読めて、さらに一つのほうはちょっと面白い」名前を気に入りすぎてしまい、改名ができないのだ。

 なので、改名案を考えようと思う。「凱治」の気に入っているところとそうでないところをまとめて、その「そうでないところ」を改善し、さらに柔らかい表現の名前を付ければ、この呪いを解くことができるように考える。

 「凱治」の気に入っているところ

・初見、誤読により圧倒的インパクトを与えることができる。

・いっぱい読み方がある贅沢な名前である。

 

 「凱治」の気に入っていないところ

・誤読の与えるインパクトがネガティブな意味を含んでいる。

・変換で一発で出てこない。

・誤読が人を馬鹿にする単語なので、変な誤解を生む可能性がある。

・初見で読むことが不可能である。

 

 「誤解や周りの目を恐れていては何もできない」とはよく言うが、それにしたって限度というものはある。何かインパクトを与える単純な単語が思い浮かび次第、改名を考えたいと思う。

 また、こういった名前のような雰囲気のハンドルネームで名の部分を読んでもらう最低条件として考えられるのが

・苗字よりも字数が少ない

・難読な漢字を含んでいない

というのが思い浮かぶ。というか、これで名前で呼ぶか名字で呼ぶかを決定しているところはある。

 というわけなので、思ったより条件がかさんでいて、僕一人で考えるとなるとなかなか簡単に思い浮かぶものではないだろうと考えているので、もし、ふと思いついたらコメント欄にでも書いてもらえるとありがたい。

 よろしくお願いします。名前募集中です。