サイド・ロード

相も変わらずしみったれ

またハンドルネームの話

 なんか定期的にこういう話をしないと収まらない性格らしい。前もした記憶がある。

 僕は非常に天の邪鬼な人間なので、定期的にメチャクチャな名前にしたくなるし、以前はめちゃくちゃな名前だった。

 正直「山吹」って名前が綺麗すぎるのだ。そのぶん僕が浮いて見えるというか、なんだかしっくり来すぎている。しかも実際に名字としてあるというのだから面白くない。どうせ仮想の空間なのだから、絶対名前に成り得ない名前にしないともったいないような気がするのだ。

 それでいくらか前に「山吹 凱治」という名前にしばらくしていた。要は後半が過激な差別用語になっている名前で、しかもこれで「よしはる」というきっちりとした読み方がある。つまり音読みされたら言った当人をおちょくれるのだ。僕はニヤニヤしながらこの名前に改名し、そしてスマブラの大会などもこれでエントリーした。

 しかしこれはみんなが音読みしかしないので、完全に音読みで定着してしまい、さらに僕の中でも定着してしまい、全然関係ない人が差別用語を口にした際にカクテルパーティー効果で反応してしまうという最悪の事態に陥ってしまっていた。そんなわけだから消してしまった。なによりも、大会の名前入力される時に「凱が変換で出てこない」ということで省略されたりひらがなで入力されたりした。

 別にもう正直ハンドルネームを変えようという気はさらさらない。もうこうなってしまった場合には一生背負っていく十字架となるのだろうと思う。たぶんぶっとんだハンドルネームの人にはぶっとんだハンドルネームの人なりの悩みがあるのかもしれないけれど、やっぱり人は持ちえないものを羨んでしまう性質があるのだ。

 そうやって微妙に自分を蔑み微妙に嫉妬し、それによって発生するなにくそのエネルギーで背骨をずんずん伸ばし、成長していくように人間はできているのだと思う。

 別に哲学論を語りたいわけじゃない。でもどうせならハンドルネームになんかスパイスを足したいとは思ってる。

 ただ、人間関係を撤廃してまで名前を変えたいと思ったことはあまりない。改名する人は多分断層のようにそのハンドルネームの層があるんだと勝手に思っているけれど、なんというか、自分の場合は常に層が連続しているような気がしてならない。結局界隈を移るきっかけになったものの根本に常に以前の界隈は息づいている。その時の中心核が移り変わっていくだけで、自分というものは常に連続したものである、ってのは感じてる。んーなんか変な話になってきたけど。

 あと個人的にすごく気になっていることがあるんですけれど、僕の本名も含めあだ名をつけられた回数がものすごく少ないので、なんか「山吹」をいい感じに崩して呼びやすい感じにしたのをだれか見つけてください。「ブッキー」って一回言われたときに本当に嬉しかったくらいには僕のあだ名が少ない。そのあだ名が付いたのは多分名前を使って6年目とかで、それまで「山吹くん」「山吹さん」って硬派な人に思われてんのか……? って思ってしまう。ほらあの、Twitterとかでもね、気軽に絡んでもらっていいのでね、ほら、変なツイートしかしてないからあれだけどね。

 うへーなんじゃこの文章。なんもおもろなくなってきてもうたわ。もうどうしょうもあらへんわ。……ほな、さいなら〜。