まちばり

つくりかけのおもいでのパッチワーク

高鳴りに少し戸惑いながら

 楽器店が怖い。

 その気持ちが漠然とあるせいで、これまでギターはすべてハードオフのジャンクコーナーで購入していた。

 一本目のストラトは特別悪いところはなかったのだが、ストラップのネジが壊れていてネジの代わりに今は釘でストラップピンを固定している。

 また別のレスポールはネックがすごく曲がっている。

 そしてまともに弾ける唯一のアコギはフレットがすり減っていて『俺は崖からでもぶら下がっているのか?』というほどに力を入れないとしっかり音が出ないことがある。

 結果、大惨敗を喫しているのである。

 例えばこれでアンジーの「天井裏から愛を込めて」など弾こうものならバレーコードの多さゆえに音が出なかったりする。

 押さえ方が悪い、といえばそうなのかもしれないが、とにかく指が疲れて苦しい。

 コードを押さえてもとにかく面白いことがない。

 だから家でひとり弾き語り、もとい、自演カラオケなどをしようと思いギターを弾くと、歌い終わった後は弾いててもストレスが溜まることだけなのですべて後奏カットで弾くことにしている。

 あかんではないか。

 そうは思っていたが、しかし楽器店の店員の皆々様は、当人は気がついているのかいまいかはわからないものの、陽キャオーラ(以下”ヨーラ”)を全身から放ってらっしゃっていて、おそらくはこちらは労働の顔、趣味の顔では、きちんと交友関係をもって、ライブハウスでバンド仲間とすごいかっこいいエピフォンあるいはフェンダーなどのギターをメキメキ弾いてらっしゃり、そしてアルコールを仲間と飲み、楽しいね、楽しいね、などとしているのだろう、と思うと、どうしてもおうちで近所の迷惑を顧みずに「蝿の王様」「ののの唄」「Blood Blood Blood」などを弾き、はしゃぎ、わめき、コーラ飲んで気が向いたら女の子を描いて、などとしている人間からすれば、本当に怖いのである。

 そんなわけで楽器店にはギターを見てすごいね、すごいねと思いながらも弦を買って帰る、という具合のお付き合いだったのだが、大学が明日始まるにもかかわらず、授業に必要であるものを何一つ所持していないことが判明、それを買いに行ったものの無く、仕方なく帰り道に少し寄ってみよう、ということで楽器店に僕は足を踏み入れた。

 まず驚いたのが、長いあいだ自分のギターしか見ていなかったために気が付かなかった「新品のギターのフレットの残り具合」である。ギターのフレットというのは、びよんと飛び出ている部分にいっぱい刺さってる鉄のかまぼこのようなもので、これのおかげでいろんな音を出すことができるのだが、これが僕のギターに関しては自動車がちょっと段差登るときに登りやすくするために置いてあるアレみたいなことになっているわけで、ははあ、新品というのは、このような感じなのか。というふうに見ていた。

 むちゃくちゃに試奏したかったが、なんか怖かったので話しかけられず、ギターを流し見して30分近く経過した。

 アコギというものは、ピックガードといって円形のまんなかの穴の横に傷がいかないように板がくっついているのだけれど、たまにそこに絵が描いてあるときがあって、鳥の絵が描いてあるギターがあって、ほほう、これは、となってギターのお名前を見てみると

ハミングバード

 オタクははしゃいだ。アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズのオタクははしゃいだ。『ハミングバード』である。私が今できること それは唄うこと!すばらしい。ハミングバードハミングバード。とはいえギブソンの30万くらいする恐ろしいギターである。「こんなん買えるわけないわな、あはは、やはり俺はパンクロッカー。パンクロックというものは技術、技能、あるいは才能、そういったものよりも衝動、これ大事にしてズンチャカブンジャカやるのであって、このようなギターでは、わたくしのもとめているものとは若干異なるのだよ。やはり、ハードオフのしょぼギターと変なアンプ、200円のシールドで、コードストローク。これ至高のサウンド、おほほ、おほほ」ということで、もうちょっと見てみたら同じ名前で似たような絵の『ハミングバード プロ』なるエピフォンの3万のモデルがあって「う〜〜ん」となっていたところ、

「ギター弾かれるんですか?」

 とのことでやはり挙動不審、要注意人物、ということだろうか。ヨーラあふれる店員さんから声をかけられてしまい、仕方なしに、「あの、こうこうこういう経歴があり、そしでギターを見ているのであって、その、やっぱ新品のギターというものは、フレットが残っていて、すごい、というか、まあ、その、あはは、えっと、はい」ということで、試奏をさせていただけることになった。

 椅子に座らされ、『ハミングバード プロ』を抱き、さて何を弾こうとのことで、あらゆる曲をミックスした曲をむちゃくちゃに弾いて独自のヒットメドレーを作成、ブンジャカしていたところ、別のお客の親子連れの年端もいかない少年が駆け寄り、試奏している近くで踊り出す、などという奇怪極まることが始まってしまい、勝手にフロアBGMにされてしまいながら、しかしやっぱ、フレットがあるというのは、いいなあ、と思っていたところ、ニコニコしながら「よかったら」「どうせなので」ということで30万の『ハミングバード』を抱かせられてしまい、ええ、いいのか?と思いながら弾く曲はすべて消費してしまったので、適当にブンボコした。

 楽しかった。もう十分堪能したので、ということで店員さんにピック、その他もろもろを返却したところ、ギブソンの方は例えば低音だとかのバランスが綺麗に出ている、という話をしてもらい、ええ、弾いてるときは全然わかんなかった、ということで、自分の耳の低品質具合に驚いたりもした。

 他にも様々な話をしてもらい、例えば、アメリカンのギターのどこがどうすごい、とか、国産がどうだ、など。僕のギターについての知識は「弾いたら音が出る」ということ以外に特に持っていなかったので、非常にためになった。

 「どうせだったら『ハミングバード』を購入しては?」とのことだったが、労働に従事していない、という話をしたところ「労働に従事をしてみては?」という方向に話が進んでしまい、やはり、労働に従事すべきなのだろうか、との思いが強まった。

 町田康の「バイ貝」という小説では、「最終的に金を生産できる可能性がある」とのことで主人公はデジタルカメラを購入しようと決心。その際に「弘法筆を選ばずとあるが、自分は弘法ではないので筆を選ぶ必要がある」ということでいいカメラを購入する方向に話が進んでいくのだが、もちろん私も弘法ではない。とはいえ、『ハミングバード』を購入するほどに金銭を所持しているわけではない。

 自分の腕を信じ、『ハミングバード プロ』を購入すべきか、あるいは労働に従事し、『ハミングバード』を購入すべきか。

 非常に悩みどころではある。いやでも、その前にこのつるつるのペンタブを買い替えたいんだけど…。